前のページへ戻る

普通の生活

コロナのおかげで生活が様々な形で変わってきました。コンビニへ入ったり、町を歩いても、電車やバスに乗っていても、誰もがマスクをしています。宅配や郵便の配達をする人も皆マスクをしています。飲食店の入店者が減り、リモートやらで家で仕事をする人も増えているそうです。そうした中、テレビでは「コロナ前の普通の生活に早く戻りたい」とインタビューに応える人をよくみます。

でも、普通の生活って何だろうと思いませんか。もっと言えば、コロナが流行する前というのは、どのくらい前を指しているのでしょうか。よくよく考えてみると、「コロナ前の生活」には良いこともあれば悪いこともあったはずです。楽しいことも嫌なこともあったはずです。「アーア、毎日毎日こんな生活ばかりで嫌になっちゃう。たまにはどこか温泉にでも行ってのんびりしたい」とか「今日は憂さ晴らしに一杯飲もう」と思ったこともあるはずです。それが「普通の生活」だったはずです。でも、嫌なこと良くなかったこと全てひっくるめて以前の生活に戻りたいとは思わないのが「普通」でしょうね。つまり、嫌なこと、よくない事を除いたのが「以前のような生活」なのです。

「コロナ前」というのも、1年前なのか5年前なのか、あるいはもっと前のことなのでしょうか。例えばこれまでの数年間を思い出してみると、仕事や生活面で色々な変化があったはず。今ではスマホを使う事が「普通」になっています。でも、10年前、20年前はスマホが使えることは普通ではありませんでした。他にも身近な変化にはネット通販や花粉症に罹る人の増加などもあります。

「普通」というものも常に変化し続け1年前の普通は今の普通ではなくなり、今の普通はこの先もずっと普通ではないのです。コロナの中で様々な事が変化しましたが、それによって変化したことが、これからは「普通」になるのかもしれません。

2021/01/21


グッチー前田の愚痴話 : その他の記事



© 2021 特定非営利活動法人 電気仕掛けの仕事人. All rights reserved.