前のページへ戻る

尾張・三河 歴史探訪ウォーキング

電気仕掛けの仕事人のDTP事業部テレワーカーさんたちが編集した書籍が出版されました。
編集作業は全て在宅によるネットワークで行っています。

歩きながら、愛知の歴史も楽しもう!

人ごみで混雑する繁華街。街として栄える前はどうなっていたのでしょう。寂れた裏通りといった雰囲気の街。かつては地域一番のにぎわいを見せていたそうです。時間を少しずつ遡らせていくと、いま立っている場所に刻まれているいろいろな歴史が見えてきます。
過去を生きた人々の営みが、いまを生きている私たちに残したものがあるはずです。それは遺跡や史跡といった形あるものだけとは限りません。祭りや伝統、日常の習慣、食生活など、あらゆる面で何かが残されているはずです。文化とは歴史によってつくられてきたのです。
都市の中や田畑の見える場所をただ歩いても周りの光景が見えるだけですが、歴史を知ると風景は一変します。さあ歩いてみましょう。見慣れた街が、見知らぬ街へと変わります。
「尾張・三河歴史探訪ウォーキング」は愛知県内の様々な歴史を39のコースに分けてカラー写真をふんだんに使った歴史ガイドとウォーキングを一緒にまとめた本です。編集は障害や家庭の事情などで長時間の外出が困難な方々に対し、インターネット技術を利用して在宅就労を支援するNPO法人「電気仕掛けの仕事人」です。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
前田 栄作
1950年名古屋生まれ。愛知大学文学部哲学科卒。フリーライター

DTP編集(電気仕掛けの仕事人)
山田 佳一、山田 千恵美、林 浩安

¥ 1,680
単行本: 143ページ
出版社: メイツ出版 (2008/10)
ISBN-10: 4780404843
ISBN-13: 978-4780404845
発売日: 2008/10
商品の寸法: 21 x 15 x 1.6 cm

2008/10/01


書籍出版 : その他の書籍



© 2021 特定非営利活動法人 電気仕掛けの仕事人. All rights reserved.